2011年11月

Mesh(2次元メッシュ生成ソフト)アップデート

要素数の大きなメッシュ構造でも長い線分を処理できるように、ベクトルの最大寸法を大きくしました。

Aether(3次元電磁界解析ソフト)アップデート

HiPhi(3次元静電場解析ソフト)で作成された出力ファイルを読み込むコマンドEInitのルーチンを修正し、HiPhi 3.1のフォーマット(バイナリ及びテキスト)を認識するようにしました。

Nelson(2次元磁場・渦電流解析ソフト)アップデート

設定ファイル"nelson_complex.cfg"及び"nelson_phase.cfg"のエラーを修正しました。また計算中のバックグラウンドカラーがおかしかったのを修正しました。 

HeatWave(3次元熱伝導解析ソフト)アップデート

インタラクティブモードで、エラーメッセージがウィンドウに正しく表示できる様に修正しました。

GenDist(荷電粒子プロファイル設定ソフト)アップデート

2Dヒストグラムプロットに新しいスタイルを3種類設けました。この機能によってGamBet(放射線解析ソフト)のescapeファイルの空間粒子分布表示が改善されます。

GamBet(モンテカルロ放射線解析ソフト)アップデート

  • EFILE2D、EFILE3D、BFILE2D、BFILE3Dの各コマンドでEMult 及びBMultオプションの問題を修正しました。またMCA(Multi-channel analyser)機能がオンで指定した領域内で粒子がエネルギーを放出しない場合にプログラムがクラッシュする問題を修正しました。
  • ESCAPEFILTERコマンドが使えるようにgambetmpプログラム(64ビットパラレルプロセス版)を修正しました。
  • GBView2のElement及びSurfaceプロットでの色分け設定を修正しました。

Trak(2次元荷電粒子解析ソフト)アップデート

  • 電場/磁場及び荷電粒子軌道のプロット設定を名前を付けて保存できるようにしました。
  • PARTFILEコマンドを拡張し、REVERSEオプションを追加しました。このオプションでは運動量ベクトルがPRTファイルにおいて逆向きに設定されます。荷電粒子のバックトラッキングを行い、エミッション面付近の空間電荷を精度良く計算できます。
  • 分布図(Distribution plot)における、平面ビームの電流密度の単位を修正しました。また電流密度図でプロットレンジをユーザーが指定できるようになりました。

EStat, Nelson, PerMag, Pulse, RFE2, TDiffアップデート

  • 2次元有限要素法解析ソフト(EStat, Nelson, PerMag, Pulse, RFE2, TDiff)プログラムの修正:コマンドプロンプトからスクリプトによってSCANコマンドを実行した際に物理量データが記録されない問題を修正しました。
  • スキャンプロット及び空間プロットのプロットの設定パラメータを名前を付けて保存できるようにしました。AMaze(3次元プログラム)のポストプロセッサに実装されている機能と同様のものです。

MetaMesh/Geometer(3次元メッシュ作成ソフト)アップデート

  • 3Dメッシュ生成ソフトMetaMeshのすべてのグローバルコマンドを認識できるように修正しました。
  • Extrusionモデルを拡張し、アウトラインを直接X及びY方向に投影できるようにしました。
1