2012年6月

Mesh(2次元メッシュ作成ソフト)アップデート

TRANSFORM MESH コマンドを拡張し、鏡面対称を可能にしました。
 

EStat, PerMagt, Pulset, TDiffアップデート

表読み込みルーチンを修正し、長いファイル名も扱えるようにしました。この問題により引き起こされていたプログラムのクラッシュが起こらないようになります。

 

Magview(3次元磁場解析ポストプロセッサー)アップデート

「FILE OPERATIONS」メニューに新しいコマンド「Coil force」を設けました。解析結果ファイルとコイルファイルが読み込まれると、すべての電流要素に関して磁力を積分し、コイル番号毎に磁力を表示します。

 

TDiff, HeatWave(熱伝導解析ソフト)アップデート

Setupダイアログで入力する温度の単位を℃に修正しました。

Trak(2次元荷電粒子軌道解析ソフト)アップデート

RegList diagnosticコマンドで書き出される各リージョンのデータ(モデル粒子数の衝突数や電流値など)に吸収した電力の値も含まれるようにしました。この機能は電子ビームマイクロ波源のコレクターの設計などに有用です。

MetaMesh, Geometer(3次元メッシュ作成ソフト)アップデート

要素サイズ分けのゾーン数を各軸方向に従来の25から75に増やしました。
またアウトラインエディタの細かなバグをいくつか修正しました。
アウトラインの保存及び読み込み時に無駄なベクトルをチェック・削除する機能を設け、エラーメッセージの出現を減らしました。パーツの追加無しで新しいスクリプトを保存する際にはSolutionVolumeリージョンの名前を保存するようにしました。

1