ホーム > スタッフブログ > ソフトウェアサポートブログ > FAQ: カソードからの熱電子の特性
スタッフブログ

FAQ: カソードからの熱電子の特性

Q.

電子銃を計算する場合、カソードからの熱電子の特性(例えば、放出エネル
ギー分布や空間分布など)などは計算ができるでしょうか。
OmniTrak を使うと、初期データを自動で配置と書いてありますので、データは事前に別で計算し、それをインプットとして利用できるということでしょうか。
 
A.
カソード表面付近の電界値などからある程度自動で電子の初期状態を設定する事もできますし、電子のエネルギー(温度)や放出角度などの分布をリスト形式でユーザーが設定する事も可能です。カソードの温度を指定して自動的に電子に角度分布を与えるコマンドもあります。
 
またOmniTrak, Trakには電子の初期の温度分布や角度などの分布を設定するGendistというプログラムが付属しております。このプログラムは予め指定した位置での断面の電子のエネルギー、電流、方向をプロットすることもできます。