2012年8月

TrakおよびOmniTrak(荷電粒子軌道解析ソフト)アップデート

修正:

OmniTrakのFLINEモードで書き込みエラーによってプログラムが終了してしまうバグを修正しました。
 
機能追加:
TrakOmniTrakのPLOTSKIPコマンドを改良しました。
このコマンドのパラメータはNPlotSkipとNPartSkip(オプション)の2つとなります。
NPlotSkipはTOUファイルに軌道を記録する際にスキップする時間ステップの数です。
デフォルトではNPlotSkip = 5となっております。時間ステップが非常に小さい場合にはこの値を大きくすることによってTOUファイルのサイズを小さくし、描画を早くする事が可能です。NPlotSkip = 1の場合は軌道の詳細がすべてTOUファイルに保存されます。
またパラメータNPartSkipは記録される軌道をスキップさせ記録数を制限します。例えばNPartSkip = 5とした場合、5、10、15番目の軌道のみが記録されます。
1