ホーム > 開発者紹介

開発者紹介

スタンリー・ハンフリーズ博士

Amaze/TriComp/GamBetシリーズの開発者、スタンリー・ハンフリーズ(Stanley Humphries)博士はプラズマ物理、制御核融合および荷電粒子加速分野の権威であり、150以上の学術論文、および「Principles of Charged-particle Acceleration」(John Wiley, New York, 1986)、「Charged Particle Beams」(John Wiley, New York, 1990)、「Field Solutions on Computers」(CRC Press, Boca Raton, 1997)など、世界中の研究者に読まれている著名なテキストの著者としても知られています。

博士はマサチューセッツ工科大学で学士号、カリフォルニア大学バークレー校で原子核工学の博士号を取得し、プラズマ物理、制御核融合および荷電粒子加速分野の研究に従事しました。博士の主な功績は、高強度イオンビームの生成および輸送の方法の開発などがあります。現在は電磁場、生物医学的処理、高温高圧下での材料特性に関する数値シミュレーションを主な仕事としています。

また博士は米国物理学協会(American Physical Society)および米国電気電子技術者協会(IEEE)のフェローに選ばれ、ニューメキシコ大学名誉教授であり、そして技術ソフトウェア会社のField Precision LLCの役員でもあります。

photo2.jpg shj_bryce.jpg greet.jpg photo1.jpg

 

AMaze/TriCompシリーズでは二つの特許を取得しております。

patent_thumbnail.jpgHumphries他, 「電気外科療法および熱焼灼のシミュレーションのための3次元有限要素法計算コード」米国特許7,467,075 (2008年12月16日) および7,702,495 (2010年4月20日).
http://www.patentgenius.com/patent/7467075.html
http://www.patentgenius.com/patent/7702495.html